医学

狂犬病ワクチンと混合ワクチン~同時に接種できるの?~

要点

結論から申し上げますと、狂犬病注射と6種や8種などの混合ワクチンは同時には接種できません。

動物病院などに問い合わせると説明を受けると思いますが、ワクチン接種には一定のルールがあります。

狂犬病ワクチンを先に打つ場合

混合ワクチンは1週間以上あとで接種する必要があります。

混合ワクチンを先に打つ場合

狂犬病ワクチンは1か月後に打つ必要があります。

つまり、最短ルートでワクチンの接種を終わらせようとすると、狂犬病➡混合ワクチンの順番が賢明でしょう。

※ただ、好みの問題なのでどちらの方が先がいい、というのはありません。

 

  1. 狂犬病ワクチン➡一週間後➡(●種)混合ワクチン
  2. 混合ワクチン➡1か月後➡狂犬病ワクチン

 

1か2のどちらかを選択して接種する形になります。

また、狂犬病ワクチンは絶対に接種しなければいけないワクチンですが、混合ワクチンは任意の予防接種なので、全く外に出ないわんちゃんであれば必ずしも絶対に接種しないといけないというわけではありません。

ですが、多くの場合は予防接種を受けているわんちゃんがほとんどです。